November 14, 2007

ガムを噛むクチャクチャ音って気持ち悪いですよね

この前、郊外に向かう電車の中で、二つ隣に座った人がガムをクチャクチャ・・。
気持ち悪い音が聞こえてきました。
隣の人は、堪らずすぐ席を立ってしまいました。
それでも当の本人は全然気づいていない。

自分との間が不自然に空いている状態ですが、相変わらずクチャクチャ。
ちょっと肩をポンポンとして、「ガムの音が、クチャクチャ鳴り響いてますよ!」と小声で耳打ちしてあげました。
そう言ったら、ちょっと拗ねた様な素振りでしたが、静かになりました。

こういうときは、ご本人の為にも言ってあげるべきなのでしょうね?

ご飯を食べるときに、やはりクチャクチャ音をたてて噛む人がいます。
親の躾の問題だと思いますが、これは、本当に下品で、気持ち悪いですね!
特に自分は、聴覚型人間なので、こういう気持ち悪い音にはすぐに反応してしまいます。
横であの音を聞かされると、”肥溜め”でご飯を食べているに等しい気分で本当に嫌です。

でも、クチャクチャ音をさせる人と言うのは、意外に本人は「知らない」「気づいていない」ようですね。
一番損をするのは、その人なのに・・。
最近の子供を見ていると、親がちゃんと注意していない事が多いようです。
誰かが、言ってあげるようにしないと、日本がドンドン下品な国になってしまうのではないかと危惧しています。
最近は、テレビのグルメ番組でも、平気で”クチャクチャ族”が出てきます。
それが当たり前になってしまったら・・。恐ろしい!
「美しい国」どころではありません。

でも、こういう時に注意をすると、余計に抵抗する人=負けず嫌いな人もいますね。
そういうときに、どうするか?

1、力でねじ伏せる
2、避けて近寄らないようにする
3、上手く相手の抵抗力を使って仕向ける

『3』が一番スマートでオトナな対応かもしれません。
「柔よく剛を制す」
武道の極意にも似ていますね。
相手の抵抗する力を利用する(ユーティライゼーション)考え方です。

でも、『1』も有効な方法であるには違いないです。
「剛よく柔を断ず」
言ってみれば未熟な者に対しては、この方が効果が高い場合もあります。
だから、子供や若い人に対しては、こういうやり方もアリですね。
最近は、すぐ”暴力だ”なんて言われるのでやりにくいけれど・・。
これがないことが、今の日本の下品化を招いているのかもしれません。

大人の場合は、相手の頭を柔らかくした状態にしてカマす!
心理学的に言うと、合理的思考力を下げる状態=トランスとか催眠状態とか変性意識優位状態に誘導した上で、身体に覚えさせる。
キツイ言葉等を活用して相手を誘導する方法も、こうした暗示やマインドコントロールの技法を活用すると大人にも効くようです。

でも、一番基本は『2』です。
無関心とか、冷めてるって言われそうですが、まずは、相手や状況をきちんと視るということが必要ですね。
一見、下品で醜い行為も、そこにやむを得ない理由があるときもあります。
障害を持った人や、そうしたくもなる精神状態に追い込まれている人。
そういう人は、そっとしておいてあげる、構わないであげると言うのも、愛情ってものかもしれません。
そして、人によっては、回避するほうが、”身の安全”ってこともあります。
そして、人によっては、関わらない・付き合わない・距離を置く・・。この方が合理的ってこともありますね。

いずれにしても、
ガムとか、ご飯とか、とにかく噛むときはきちんと口を閉じてクチャクチャ言わせない!

身近な人で・・
出来ていない「子供」がいれば、厳しく叱ってやってください。
出来ていない「若者」がいれば、シバいてやってください。
出来ていない「大人」がいれば、”やさしく”注意してあげてください。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

April 13, 2005

都市生活のマナー3

エスカレーターの乗り方

これは、私のほうがちょっと非常識な常識を持っているかもしれません。
私は、エスカレーターに乗るときは、どんなにしんどくても必ず歩くようにしています。
人と一緒にいる時や尾行の最中などは、相手に合わさないとしょうがないこともありますが、基本的に歩きます。

エレベータ協会では
エレベータやエスカレーターを作っているメーカーなどの団体では、エスカレーターでは歩かないことを推奨。ただし降り口付近で立ち止まらないよう注意をしているようです。
参考 ⇒ http://www.n-elekyo.or.jp/
それは、メーカーサイドから言うと、事故が一番怖いですから安全第一。リスクに対しては警告しておきたいのは理解できます。
でも、実際は関東では右側、関西では左側を歩く人のために開けるように、自然とルール付けされていますね。
(何で関西と関東で違うのかは、ちょっと不思議)

自分の力で進む人
「時は金なり」と言いますが、実際は金以上に大切。特に本気でビジネスをしている人間にとってはなおさら。ジ~っとエスカレーターに乗っているのと、歩くのでは目的地に到達する時間がワンフロアあたり数十秒違います。電車の発車に間に合うかどうか、信号に間に合うかどうかなどでさらにその差は広がります。それくらいシビアに考えられるかどうか?それは私から見るとそれが当たり前のレベルです。

もうひとつ、レールに乗ったらそれに甘んじてしまうか、さらに前に進もうとするか?エスカレーターを自分で歩くかどうかは、その人のバイタリティそのものが如実に現れているような気もするのです。

私の勝手な価値観ですが、エレベーター協会に怒られそうですね!
個人的な意見を言わせて貰えば、駅のエスカレーターなどいつも混んで進まないような所は「立ち止まり禁止」にして欲しいくらいです。

少なくとも、ビジネスパートナーには「自分の足で進む意思を持つ人」が欲しいです。
今回は、私のわがままな常識でした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 08, 2005

都市生活のマナー2

女性専用車両

4月に入って、関東で女性専用車両が拡大しました。
賛否両論あるものの、総じて言えば何とも情けない話です。宗教的な理由などで男女差別がある国以外でこんな国はないらしいですね。

あくまで私見ですが・・
個人的な意見を言わせて頂けば、諸手を上げて賛成とは言えません。同じ料金なのに「男女差」で差別的待遇をすると必ずどこかに歪がでます。
「弱い女性を保護するのだから・・」と言う人は「女性は弱い」と言う偏見を持っているようにも思いますね。
女性の側としても、かえって普通の車両に乗りにくくなるのではないでしょうか?

問題の根本は痴漢ですよね
このような情けない制度は、痴漢を「させない」「許さない」社会を作れなかった、我々自身に対する「罰」のように思えてなりません。
女性専用車両は、減らない痴漢の緊急避難的対策として仕方ないとしても、根本的にこんなことをしなくても、安全に電車に乗れる環境を作ってゆきたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 26, 2005

都市生活のマナー1

都市に暮らしていると、思い通りにならないことはたくさんありますね。
人が多い分、価値観が違う人も多い!
今日の課題は・・

二重駐車!
車を止める場所と言うのは、結構面倒なもので、駐車場が豊富ならいいけどそうも行かない。
路上に駐車したことがないというドライバーは、まずいないでしょうね。
なるべく邪魔にならないところに駐めたにもかかわらず、レッカーされちゃたとか、そういう経験のあるひとも少なからず・・。

そういえば何年か前から「車止め」なるもので、動かなくしてしまうのもあるみたい。でも、あれはどうかと思います。そもそも動かさなくて良いような場所なら、別に駐禁とらなくてもいいんじゃないの?

横道にそれましたが、本題の二重駐車。
個人的な意見だと、これは犯罪ですね。明らかに故意。これには車没収・免許取消しの上、刑事罰を科してもらいたいです。
どうでもいいところは取り締まらなくてもいいから、本当に邪魔になるところを徹底的にやって欲しいと思うのは、私だけでしょうか?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 24, 2005

食事のマナー1

自分では常識と思っていても、人から見ると非常識かもしれない。
そんな事ってたくさんありますね。

今回は食事のマナーのなかでひとつ・・・

噛む時に「クチャクチャ音を立てて食べる」

私は子供のころに、親からいけないことだとみっちり教えられました。
周りの人が不快なだけでなく、自分自身の印象がボロボロ崩れ去る。

仕事柄、飲食店の覆面調査をよくやるのですが、どんなにおいしくても、演出が良くても、スタッフのマナーが良くても、隣で「クチャクチャ」音を立てて食べる人がいると、お店自体の品格というかイメージがガタ落ちするのですね。

あくまで、これは個人的な印象かもしれないので、大きく取り上げることはしないのですが、これからの飲食店は「お客様の教育」もしないといけないのでしょうかね?

| | Comments (7) | TrackBack (1)