« 第四回 実践リスクマネジメント塾 | Main | 変わる世界2 »

April 12, 2011

変わる世界1

先日、人とホスピタリティ研究所の高野登さんのお話を拝聴しました。
お話の内容に沿って、自分なりの解釈とまとめを備忘録として以下に記してみます。

「売るのではなく、買っていただく」というようなテーマだったかと思いますが、東日本大震災があったこともあり、さらに根源的なお話が中心になりました。
直接的な被害から、原発、停電、自粛、といった二次被害も始まり、これからのビジネスは相当な獣道であることは想像されます。こういうときに「頑張って営業」をしても、皆がお互いに厳しい折、そこにビジネスがあるわけではありません。
まさしく、今までのようなやり方は通用しない局面が来るはずです。

でも、そもそも考えてみると今までの経済発展が本当に良かったのか?ということまで考えてみる機会かもしれません。
1990年代にバブルが崩壊した後、バブル以前に戻すような動きをしてきたけれど、2008年のリーマンショックで砕け散った。それを、また同じようなことをしようとしていたのではないか?という、自戒の念を、我々人類が持たなければならないのかもしれません。今までの状態に戻すのではなく、もっと良い世の中を創るため、まず日本が立ち上がるようにしたいものです。

つづく・・

|

« 第四回 実践リスクマネジメント塾 | Main | 変わる世界2 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 変わる世界1:

« 第四回 実践リスクマネジメント塾 | Main | 変わる世界2 »